子どものいる離婚ではまず親権者を決めなければいけない

離婚で特に気を配らなければならないのは子どもの問題です。子どもはその年齢が低いほど養育問題にかかるウェートが高くなります。したがって離婚後も子どもを健やかに育てていくためには、夫婦間でしっかり話し合っておかねばなりません。話し合いで先ず最初に決めなければならないのが親権者です。親権者とは未成年の子どもの監護や教育に当たると共にその財産を管理する親のことで、普通は夫婦両方が当たりますが離婚すればどちらか一方が当たることになります。したがって離婚前にはどちらが親権者になるかを決めておかないといけないのです。これを決めなければ離婚は認められません。もし両者の話し合いで決まらない場合は家庭裁判所があらゆる条件を考慮した上でどちらを親権者にするか決定します。

離婚で子どもの苗字はどうなるのか

親権者が決まれば、次に考えるべき問題は離婚後の子どもの苗字です。離婚すれば母親は結婚前の旧姓に戻りますが、子どもの戸籍と姓は変わることはありません。でもこれでは早親と子どもの姓が異なることになります。この不都合を解決するためには「子の氏の変更許可申立と入籍届」が必要になります。でもこれが面倒な場合は母親が離婚前の苗字を続けることもできます。それを行うには離婚の日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出するだけでいいのです。

知っておきたい面接交渉権

親権が相手の方へいってしまった親にも離婚後に子ども面会したり、電話やメールなど様々な方法で接触する権利はあります。この権利のことを「面接交渉権」と言います。これは離婚後に「離れた親と会いたい」という子どもの願いを果たすための権利であるかもしれません。

ページ上部へ戻る